前へ
次へ

離婚裁判を行う為の費用とは

離婚は夫婦の関係が深刻的に悪化した時や、互いに別れた方が良いと選択肢として判断された時に行われますが、離婚裁判に発展するケースは基本的には夫婦の関係が悪化している時です。
夫婦がしっかり話し合いができて、納得している場合は、夫婦が協議して行う、協議離婚で離婚が実現される事になります。
話し合いで解決できない場合に、調停離婚に移っていきますが、調停でも上手く話し合いが進まない時に離婚裁判に発展します。
離婚裁判をするには、協議離婚や調停離婚よりも費用の負担が増大する傾向にあります。
裁判に必要とされる日数はそれぞれの夫婦によって異なりますが、数カ月から1年間の長い期間を裁判で戦っていくケースが多いです。
裁判自体に掛かる費用は、自力で全てを行う場合は、数万円程度で行う事ができますが、弁護士に依頼した段階で、裁判の期間にも左右されますが、数百万程度の費用が必要になります。
費用の負担が無理な場合は、相手側だけ離婚に強い弁護士が味方についてしまい、圧倒的に不利な状態で裁判を戦わなければいけませんから、費用の負担が減れば、正解という訳では無いです。

Page Top