前へ
次へ

離婚裁判と離婚調停における裁判官

離婚裁判を行うにあたっては離婚調停を行う必要があり、離婚調停では各々が調停委員と呼ばれる人と話をします。
調停を申し出るときにいろいろな書類を提出しておき、それに基づいて公平な解決ができるよう話を進めていきます。
調停における問答が調停案に影響することも多いので、できれば弁護士など法律の専門家のアドバイスを受けながら調停に出ると良いとされます。
もし出された調停案に納得できなければ離婚調停に進むことができます。
離婚裁判においては裁判官が話を聞いて最終的な判決を行います。
裁判官と言えば裁判の時に初めて顔を見ることになりますが、実は調停の時にも調停員以外に裁判官が調停の話し合いに加わっています。
さらにこのときの裁判官がそのあとに行われる裁判での裁判官になることを知っておきましょう。
調停案に納得できなくて裁判にいくとしても、先の調停案を意識した裁判が行われる可能性が高くなります。
それに備えた準備が必要になるでしょう。

Page Top