前へ
次へ

離婚裁判で公平な判断を

離婚調停が上手く行かず、離婚裁判まで持ち込まれることになると互いに心底疲労感を持つことになるかも知れません。
そこには離婚裁判まで行うことになってしまった原因がある訳で、多くは慰謝料の問題や財産分与、更には子供の養育費と言ったことの争いが一般的です。
慰謝料の場合では支払うのか否かとか、その支払う時にはいくらの費用になるのかと言うことが争点になります。
財産分与の場合では、財産分与をするのかと言うことや分与をする時には、どのように分けることになるのと言うことになります。
養育費では、いくら支払うのかと言うことが争点になり、子供に関しては親権と言う問題も発生することがあります。
離婚裁判を行う最大のメリットは、裁判官がこれら問題点において、公平に判断をしてくれると言うことです。
夫婦間での話合いでは個人的な感情が入ることになり、互いに譲歩出来ないことも出て来ますが、裁判を行うことで証拠をから適正な判断が下されることになります。
更に判決が出たことに対し強制力があり、その判決に従う義務も生じることになり、正式な離婚が成立します。

Page Top