前へ
次へ

離婚裁判は心理的負担が大きい可能性

肉体労働では体の負担がありますが、事務的な労働では心の部分の負担があるとされます。
人間関係はすべての人とうまくいくわけではなく、うまくいかない人とコミュニケーションをしようとすると心労が溜まるでしょう。
それが原因で病気になることもあります。
結婚をしている人が相手との生活がうまくいかなくて離婚を考えるとき、それだけでかなり心労が溜まるはずです。
子供などがいれば子供たちのことも考える必要があります。
離婚をしたくて行うことを決めたらできるだけ早く手続きが終わる手段をとる方がいいでしょう。
となると離婚裁判は避けたい方法と言えそうです。
離婚裁判はまず調停を経なければならず、一旦始まるとそのあと何回か出廷をした上で判決が出されます。
長くなると1年近く行わなければならず、その間ずっと心の負担が続くことになるでしょう。
法律事務所の中にはカウンセラーが在籍しているところもあり、どう離婚を進めるかを相談すると良いでしょう。

Page Top