前へ
次へ

離婚裁判には、判決、和解、取下があります

協議や調停が上手くいかなかった時に行われるのが離婚裁判であり、裁判では最終的には判決、和解、取り下げのどれかになります。
ここでは、離婚裁判の判決について見てみましょう。
離婚裁判で双方の主張を全て出し終わると、後は裁判所から判決が出されることになります。
実際の裁判は以下の3つにあります。
最初は判決で、判決書には原告の請求を認めるか認めないか、その結論と理由が記載されることになります。
次に和解で、裁判中には、場合によっては裁判官より和解をすすめられることがあります。
裁判が始まると、裁判官がお互いの間に入ってそれぞれの言い分を聞きながら進行していきますが、それぞれが納得して和解が成立すると、後は和解調書が作成され、その段階で裁判が終わります。
そして取下で、裁判を提起した原告が、その訴えを取り下げると裁判はその段階で終了します。
ちなみに、相手が準備書面を提出した後に取下る時は、相手方の同意が必要です。

Page Top