前へ
次へ

慰謝料と離婚裁判の費用を比較して考える

相手の不貞が原因で離婚をしようとするときは慰謝料の請求が可能です。
もちろん協議で行って支払ってもらうこともできますが、離婚を嫌がることもありますし離婚は認めても慰謝料の額に納得してもらえないこともあります。
相手の行為が許せないときにはただ離婚をするだけでは気が収まらずにできるだけ多くの慰謝料と取りたいと考えるかもしれません。
慰謝料に関してはある程度上限などがあるので、あまりたくさん撮れるわけではありません。
相手が話し合いに折れないときには離婚裁判を想定して法律事務所に相談をします。
法律事務所を使えば離婚裁判で勝てるよういろいろ準備をしてくれますが、その時には事前にお金の話もしてもらえるでしょう。
裁判をすれば時間もかかりますしお金もかかります。
お金に関しては裁判費用と弁護士費用があり、かかる費用が慰謝料よりも多いのであれば時間だけでなくお金の無駄になる可能性もあります。
そこまでして裁判をすべきかを考える必要があるでしょう。

Page Top